院長ブログ

BLOG

乳がん検査における、新型コロナワクチン接種に伴う反応性リンパ節腫大の対応について

乳腺科

新型コロナワクチンを接種した後に、脇の下のリンパ節が腫れる方がいることがわかっています。

早い人では接種翌日から、続く人では10週目くらいまで腫れていることがあると報告されています。

 

これはご自分の免疫が正常に反応しているためで心配はありません。

 

ただ、乳がん検診においては、まれに、脇の下のリンパ節の腫れ(腋窩リンパ節腫大)から、乳がんが見つかることがあるため、脇の下まで検査をおこなっています。

そのため、画像上、「腋窩リンパ節腫大」として指摘されることがあります。

 

日本乳癌検診学会からは、乳がん検診は、ワクチン接種前 または 2回目のワクチン接種後610週間たってから、検診を受けることが推奨されております。

ただ、その時期に絶対検診を受けてはいけない、ということではありません。

 

当院では、検査の時点で、コロナワクチン接種をいつ受けたか確認させていただき、判断いたします。

現時点では、6週間以内にコロナワクチン接種を受けた方で、ワクチンを打った側の腋窩リンパ節腫大のみ認める場合は、所見なし(乳がんの疑いではなし)として対応させていただいております。(リンパ節腫大の所見によっては精密検査とする場合もございます)

 

万が一、3か月以上たっても脇の下のリンパ節の腫れを感じる場合は、改めてご来院ください。

 

【参考文献】

ワクチン接種後に脇のリンパ節が腫れました。注意すべきことはありますか。|新型コロナワクチンQ&A|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

日本乳癌検診学会 Japan Association of Breast Cancer Screening (jabcs.jp) 「乳がん検診にあたっての新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応の手引き」 6ページ

関連記事RELATED ARTICLE

六本木ブレストレディースクリニック クリニック情報

ご予約の方優先となります。 初診の方は診察終了間際にはお受けできないことがございますので、30分ほどお早めにお越しください。

                                
診療時間
日/祝
9:00~13:0010:00~13:009:00~13:30
15:00~18:30
   

診療時間
月:9時-13時/15時-18時半
火水木金:10時-13時/15時-18時半
土:9時-13時半
休診日:日曜・祝日
受付開始は10分前です

   

※診療担当医師は担当医表をご覧ください。

駅近アクセス良好な、麻布・六本木地区初の乳腺外科クリニックとして皆さまをお待ちしています。
来院に便利な場所で、できる限りお待たせせずに迅速な検査や対応を提供します。

アクセスページを見る

住所
東京都港区六本木6-7-10 簗場ビルB1F
最寄り駅からのルート
「六本木駅」3番出口から徒歩1分 六本木交差点から芋洗坂を少し下ったところにあります。 郵便局が目印です。1階の専用階段からお入りください。 奥にエレベーターもございます。

医療機関・健診機関様、企業検診ご担当者様、メディア関係者様、アポイント希望のメーカー様へ
          乳がん検診、婦人科検診、レディース健診を職場検診にお考えの企業様や、委託をお考えの検診施設様、医療関係者やメディア関係者、アポイント希望のメーカー様などのお問い合わせを こちら から承っております。順次折り返しご返信を差し上げます。患者様からの診療相談などにはお答えできませんのでご了承ください。