ピル外来

ORAL CONTRACEPTIVE

ピル(女性ホルモン配合剤)をはじめ、様々な女性ホルモン薬が無月経や生理不順、子宮内膜症の改善をはじめ、避妊、緊急避妊、月経移動などに使用されます。ご相談のうえ、安全に使用できるようにご提案していきます。

ピルについて

ABOUT

写真:イメージ

ピルは、2種類の女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)の合剤です。もともと女性の身体はこの女性ホルモンの周期的な変化で、月経・妊娠・出産といったライフイベントが起きています。(月経の仕組みと女性ホルモン) この仕組みを利用し、ピルは様々な女性のライフイベントを調整することができます。

このうち、主に月経に関連した月経不順、月経困難症といった症状の改善には保険診療で、避妊や月経調整・移動などの目的には自費で処方されます。保険で処方できるお薬と自費で処方できるお薬はそれぞれ決まっていますが、基本的にはどちらも2種の女性ホルモン配合剤で、ご負担金も大差はなく、ご相談しながら適したものをご処方することになります。

ピルの効果

ピルによって、女性ホルモンを整えることにより、様々な効果があります。

  • 月経痛の軽減、月経血量の減少
  • 子宮内膜症、卵巣チョコレートのう胞の予防、再発の予防
  • 高い避妊効果
  • 卵巣がんリスクの低下
  • 子宮体がんリスクの低下
  • 大腸がんのリスク低下
  • ニキビの改善

ピルの種類 ※2020年1月現在

保険診療のピルをLEP、自費のピルをOCといって区別しています。

ピルの種類についての詳細を院長ブログで読む

LEP:Low dose estrogen-progestin 保険処方

中容量
プラノバール
低用量
  • ルナベルLD
  • フリウェルLD
超低用量
  • ヤーズ
  • ルナベルULD
  • フリウェルULD
  • ジェミーナ
 

プラノバール、ヤーズフレックス、ヤーズ配合錠、フリウェルLD、フリウェルULDは院内処方が可能です。
               

OC:Oral contraceptive 自費処方

一相性

21日間すべて、女性ホルモンの量が一定です。飲み間違いがなく、月経調整がしやすいです。

  • マーベロン
  • ファボワール
三相性

自然な女性ホルモンの変化に合わせて3段階にホルモン量が変化します。より体に優しいと言えます。

  • シンフェーズT
  • アンジュ
  • トリキュラー
  • ラベルフィーユ

初回指導料:2,200円 再診料:990円
ピル費用:1シート2,420円(税込)より
OCは最初1サイクル(28日分)をお出しします。特に問題なければ次回2〜3か月分処方し、安定した場合、最大6か月分まで処方します。
※マーベロン、ファボワール、トリキュラー、ラベルフィーユは院内処方が可能です。
※シンフェーズTおよびアンジュは院外処方箋の発行となります(800円)
               

ピル処方の流れ

  1. #01 受付

    ピルの相談とお伝えください。問診票にご記入いただきます。

  2. #02 血圧測定

    場合により身長体重測定

  3. #03 診察

    問診票を踏まえてご診察いたします

  4. #04 ピル処方決定

    もし必要があれば検査を行います

  5. #05 Finish! お会計

    お支払い時に、処方箋またはお薬をお渡しします。次回予約もお取りできます。

ピルの副作用

ピルはこわいとイメージされている方もいらっしゃいます。確かに、アメリカで1950年代にピルが開発された当初はまだわかっていないことも多くあり、副作用が後から報告され問題になったこともありました。
しかし、現在使われているピルは改良され、メリットの方が高いとわかっています。ピルの歴史について) また、「太る」「妊娠しにくくなる」ということはありません。

不正出血
ピル開始早期に20%の方で見られることがあります。ほとんどの方は3か月でおさまってきます。
吐き気や頭痛、乳房張り感など
ピル飲み初めに出ることがあります。1〜2か月で消失します。
肝障害
特別な症状は無いので、飲み始めて数か月後に採血で確認します。
子宮頚がんリスク
5年以上お飲みの方で少し上昇するといわれています。
乳がんリスク
3年以上お飲みの方で少し上昇するといわれています。
血栓症
ピルが血液に影響し血栓ができやすくあることがあります。発生は稀ですが、急激な症状が起きることがありますので、注意が必要です。以下のような症状がありましたらすぐにご連絡いただくか、お近くの病院におかかりください。

血栓症の症状

  • 急激な腹痛や胸痛、頭痛
  • 急激な視力障害や言語障害
  • ふくらはぎの痛みやむくみ、発赤
  • 手足のしびれ

血栓症リスクが高く注意が必要な方

  • 肥満(BMI30以上)
  • 肥満(BMI30以上)
  • 40歳以上
  • 血栓症のご家族がいる方
  • 喫煙者
  • 安静が必要な手術予定の方
  • 高血圧の方
  • 高血圧の方

ピルの副作用は昔に比べると改善されていますが、当院では、より安心してご使用いただけるように、副作用対策を行っております。(当院では45歳以上の方にはピルは処方いたしません) 当院では自費ピルをお飲みの方に、定期的な検査を行っております。子宮の検査は1年毎にお受けいただくようお願いいたします。他院で健診を受けられた方は結果をご持参いただければ不要な検査は行いません。

検査及び費用

INSPECTION and PRICE

当院でピル(自費)を処方されている方の検査(ホルモン補充療法、乳がんホルモン治療を行っている方の検診もこちらで承っております)

コース 金額(税込)
子宮頚がん検診、子宮卵巣エコー、ピル採血(Dダイマー含む) ¥11,000
子宮頚がん検診のみ ¥3,300
子宮卵巣エコーのみ ¥5,500
ピル採血(Dダイマー含む) ¥2,750
コース 金額(税込)
Dダイマーのみ(血栓チェック) ¥1,650
乳腺エコーのみ ¥4,950
乳腺エコー、マンモグラフィ ¥11,000
子宮頚がん検診、子宮卵巣エコー
金額(税込)
¥11,000
子宮頚がん検診のみ
金額(税込)
¥4,950
子宮卵巣エコーのみ
金額(税込)
¥7,150
ピル採血
金額(税込)
¥3,850
Dダイマーのみ(血栓チェック)
金額(税込)
¥2,750
乳腺エコーのみ
金額(税込)
¥4,950
乳腺エコー、マンモグラフィ
金額(税込)
¥11,000

港区の子宮がん・乳がん検診も受けられます。

月経移動

MENSTRUAL MOVEMENT

写真:月経移動

旅行や大事なご予定の際に月経が重ならないように、ピルにて一時的に移動させることができます。 前に早める方法と、後ろに遅くする方法があります。

前に早める場合にはずらしたい月経の、1つ前の月経までにはいらしてください。 方前にご説明し、副作用リスクが高い方には処方できない場合がございます。

費用 金額(税込)
指導料 ¥2,200
薬代(プラノバール) ¥3,300

緊急避妊
(アフターピル)

AFTER PILL

写真:緊急避妊(アフターピル)

十分な避妊対策が行えなかった性交渉の後に、緊急的に避妊効果を得るものです。当院ではノルレボの国産ジェネリックであるレボノルゲストレルを採用しております。

72時間以内に1回1錠を内服していただきます。
これは、性交後72時間以内の服用で妊娠阻止率84%、妊娠率1.34%と報告されています。できるだけ早い使用が避妊効果を高めます。
開院時間内は予約なしでも処方できますので、お早めにお越しください。
ご希望の方には膣洗浄も行っております。
アフターピルはあくまで緊急手段ですので、継続的にバースコントロールをお考えの場合は、より体に負担の少ない、避妊ピル(OC)や避妊リング(ミレーナなど)をお勧めいたします。

費用 金額(税込)
緊急避妊(アフターピル)レボノルゲストレル ¥10,780

※当院ではヤッペ法は採用しておりません

避妊ミレーナ

MIRENA

要予約

写真:避妊ミレーナ

ミレーナとは子宮内に挿入するプロゲステロン製剤付加システムです。子宮内膜症や過多月経の方には治療として用いられます。5年間挿入可能で、確実な避妊効果が得られます。いつでも抜くことができます。ミレーナはエストロゲンは含まないため、血栓症などの副作用の心配はいりません。性感染症のチェックなどは必要です。

更年期において、ミレーナ挿入中の方は、エストロゲンジェルを塗布するだけで、ホルモン補充療法が可能になります。
子宮がんや性感染症などの定期検査も合わせて行っております。お気軽にご相談ください。

費用
金額(税込)
ミレーナ挿入(自費)
※初診料、初回、3か月後、1年後検診込
¥77,000
ミレーナ抜去(自費)
※抜去時検査込
¥13,200

※避妊リングの挿入・抜去・交換も承ります

ピルについてよくある質問

ABOUT PILL

Q 低用量ピルとは何ですか
ピルとは2種類の女性ホルモンであるエストロゲンプロゲスチンの合剤です。月経をはじめ、妊娠、子宮内膜、卵巣腫瘍、にきびなど女性のからだを調整している様々なことに影響します。
治療薬の改善を重ね、副作用が少なく安全に投与できるエストロゲンの量が低用量であったため、現在処方されているピルは「低用量ピル」と呼ばれます。中用量ピルも、症状や用途によって、短期間用いられることがあります。
Q 自費のピルと保険のピルの違いは何ですか
月経困難症や子宮内膜症などの治療に用いるピルを、低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(Low dose estrogen-progestin(LEP))といい、保険診療の適応になります。
一方、避妊や月経調整、にきびなどに用いるものは、低用量経口避妊薬(Oral contraceptive(OC))といい、自費になります。
日本の場合は、LEPやOCそれぞれで処方できる薬品が決まっています。
Q 低用量ピルの21と28は何が違うのですか
OCは基本的に、21日間内服し、7日間休薬する、28日サイクルの飲み方になります。7日間休薬の間に、空薬を内服し忘れないようになっているのが28です。21の場合は、ご自分で7日間飲まないようにしていただき、29日目(1日目)から内服を再開していただきます。値段は変わりません。当院では28のみ採用しています。
Q 月経痛がひどいのですが、ピルは自費になりますか
月経困難症の場合は、LEPの保険処方が適応になります。月経困難症の原因について、エコーの検査をはじめ、細胞診や採血などを行います。症状が安定し継続してLEPを内服する場合も、定期的に医師の診察を受け、処方される必要があります。1年に1回は定期的な検査を行います。
Q 月経困難や月経前症候群(PMS)でピルを飲み始めましたが、なかなかよくなりません
月経困難症は様々な原因があります。それに応じて、お薬を調整します。例えば、LEPは28日周期のものではなく、超低用量ピルといわれ、84日周期や77日周期など長期間飲むものもあります。また、エストロゲンの含まれないプロゲスチン製剤や、内服ではなく子宮の中に留置するプロゲスチン製剤など、様々なものが出てきています。漢方薬などを補助的に使うこともあります。保険のピルは症状を伺いながら、調整を行っていきます。
Q 避妊でピルを飲み始めましたが、からだに合いません。保険のピルは処方してもらえますか。
避妊目的では保険のピルLEP処方はできません。別の種類の自費ピルOCに変更するか、LEPを自費で処方することになります。いずれも合わない場合は、避妊リング、薬物付加子宮内避妊具(ミレーナ🄬)などがございます。
Q 月経が来ないのですが、ピルを飲んだ方が良いですか。
40日以上月経が来ない稀発月経や、3か月以上月経の来ない続発性無月経は婦人科を受診された方がよいです。ホルモン異常により、不妊になったり、大きな病気につながったりする可能性があるからです。
ピルを開始するかどうかは、診察の上決定します。
稀発月経でも排卵があれば、様子を見る場合もありますし、多嚢胞性卵巣症候群といって排卵されない卵胞がたくさん卵巣内に見られる場合は、ピルを使う場合もあります。症状がある方は、検査をしたうえで、患者様に最適な方法を、ピルも含め検討しながら調整していきます。
Q 月経不順にもピルは効きますか
月経が、だいたい月1回程度はくるがバラバラで安定しないので調整したい、という方にはピルは効果的です。ただ、月経困難症などの症状がない場合は、自費でのOC処方になります。
Q ニキビにもピルは効きますか
ニキビができる原因の一つに「皮脂分泌の増加」が挙げられます。これが原因の場合ピルはよく効きます(自費)。また、男性ホルモンを抑えるスピロノラクトンという薬を処方することもあります(自費)。ただ、ニキビの原因はほかにも「角質の肥厚による毛穴のつまり」と「アクネ菌の増殖」もあります。
当院では皮膚の状態を見させていただき、保険診療で治療できる処方もあわせてご相談し、治療方法を決定していきます。
Q 避妊目的でピルを飲みたいのですが、効果はどれくらいですか
低用量ピルは、飲み忘れさえしなければコンドームやリズム法より避妊効果は高いです。100人が避妊法を1年間使用した場合に妊娠する女性の数をパール指数といいます。正しく内服した場合、マーベロン🄬のパール指数は0.09、トリキュラー🄬のパール指数は0.06といわれています。ちなみにピル全体では0.3、コンドームは2.0と報告されています。
Q ピルを飲んでいる間に妊娠しました。どうしたらいいですか。
服用を中止して、産婦人科を受診してください。妊娠初期で中止した場合、胎児への影響はあまりないと考えられています。
Q ピルをのみ始めましたが、いつから避妊効果がありますか
ピルを開始してから避妊効果が確実に期待できるのは、1週間たってからです。すなわち、ピル開始後8日目以降は避妊効果があります。
Q ピルを飲むのを忘れました。どうしたらいいですか
1日忘れた場合:気づいたときに1錠飲み、その日の夜に予定通り、当日分を飲んでください(その日は1日2錠服用します)。
2日以上忘れた場合:もともとの予定通りになるまで、1日2錠内服して追いかけます。
OCシートの22-28日目を飲み忘れた場合は、空薬なので飲まなくても問題ありません。
Q ピルを処方されました。いつから飲み始めればいいですか
月経開始の初日から5日目までに内服を開始してください。
時間は1日のうち、いつでもよいのですが、決めた方が飲み忘れを防ぐことができます。当院では調整のつきやすい、夕食後や就寝前に内服されることをお勧めしています。
Q ピルと一緒にとってはいけない薬やサプリメントはありますか
抗てんかん薬と併用するとそれぞれの効果が弱まることがあります。 抗結核薬と併用するとピルの効果が弱まることがあります。 HIV感染症治療薬と併用するとピルの効果が弱まることがあります。

一部のサプリメントには女性ホルモンの作用を高める効果があり、ピルと一緒に服用すると、ピルの避妊効果などを弱めてしまうものがあります。 セントジョーンズワート(西洋オトギリソウ):うつや更年期障害、自律神経失調などのサプリです。
チェストベリー・チェストツリー:PMSや更年期障害のサプリです。
プエラリア(プエラリア・ミフィリカ):バストアップサプリとして販売されているものです。ピルとの併用に限らず、月経異常を引き起こす可能性があると独立行政法人国民生活センターから注意喚起が出されています。

Q ピル服用中に月経が来たのですがどうすればよいですか
ピルの飲み始めは、女性ホルモンの調整がすぐにつかず、定期的な月経とずれてしまうことがあります。飲み続けるうちに安定してきます。また月経と関係なく、女性ホルモンの影響で一時的に出血する場合もあります。
また、子宮頸管ポリープや子宮がんなどで出血することもあるので、当院ではピル内服前に必ずチェックを受けていただくことお勧めしています。
Q ピル服用中に出血しました。どうすればよいですか
ピルを飲み始めると、女性ホルモンの調整がつくまで、しばらく不正出血が続く場合があります。ほとんどの方は3シート目を飲み始めるころには落ち着いてきます。
出血が続く場合は、他の病気が隠れている場合もあります。子宮頚管ポリープ、子宮頚部びらん、子宮頸がん、卵巣出血、膣炎などです。必ず受診してご相談してください。
Q ピルを飲みたいのですが、副作用が心配です
当院では、初回は必ず、女性専門医師が直接お話を伺いながら、説明の上処方させていただいております。ピルの服用が安定したら薬処方のみも行っております(自費ピルの場合のみ)。1年に1回の定期検査の他、症状がある場合はいつでも対応します。
Q ピルを飲んでいる間は、どのような検査をすればよいですか
ピルは正しく服用すれば、副作用の少ないお薬ですが、女性ホルモンの調整は個人差も大きく、合う合わないといった違いはあると思います。
当院では安心して服用していただくために、初回には必ず、問診・血圧測定・体重確認をしています。子宮頸がん検診・子宮エコーも1年以内に行っていない方はお勧めしておこないます。他で検査をされた方には結果を持参していただきます。
服用開始後、採血を行い、血栓があるかどうか目安になるdダイマーや、肝機能などに異常がないか確認します。問題がなければ1年ごとの定期検査をお勧めしています。 また、ご希望で乳腺エコーなどの乳がん検診もお受けいただけます。
Q 避妊以外にピルにはどんな効果があるのですか
月経の症状である、月経痛・月経過多・PMSの改善効果があります。
子宮内膜症の改善やチョコレート嚢胞(卵巣子宮内膜症性嚢胞)の改善効果があります。
卵巣がん、子宮体がん、大腸がんのリスクを低減します。
ニキビを改善する効果があります。
Q ピルの副作用にはどんなものがありますか
ピルの開始後、吐き気頭痛むくみ乳房痛不正出血などが起きることがあります。ほとんどの方は、数日でおさまります。長く続く方でも2-3シート目の頃には体が慣れて安定してきます。

血栓症:ピルは血栓を作ることがあると知られています。血栓は心筋梗塞、脳梗塞、下肢静脈血栓症などの原因になります。血栓ができるかどうか予測する検査はないので、リスクの高い方には慎重に投与したり中止したりします。当院では、血栓ができていないかどうか、dダイマー値を採血で測定し上昇していないか定期的に確認をします。

血栓症リスクの高い方:40歳以上、高血圧、糖尿病、喫煙者、肥満、前兆のある片頭痛の方、抗リン脂質抗体症候群の方など

乳がん:乳がんになった方はピルは飲めません。ただ、ピルを飲むことで乳がんリスクが上昇するかどうかはまだはっきりしていません。ご心配な方は乳がん検診も1年に1回受診されることをお勧めします。
Q ピルは何歳まで飲めますか
他にご病気のない方、喫煙していない方は閉経期まで服用できます。そのまま、ホルモン補充療法に移行して継続することもできます。
ただし、40歳以上から血栓ができるリスクが上昇します。さらに血栓リスクとなる、高血圧、脂質異常症、肥満、喫煙をしている方は、ピルの中止やピル以外の方法を検討します。
特に35歳以上で1日15本以上喫煙している人は、血栓リスクが非常に高いので、ピルは服用できません。
Q ピルを飲むと妊娠しづらくなりますか
妊娠しづらくなるということはありません。ピルの服用をやめてから、1か月で30%、3か月で90%以上の人に排卵が回復し妊娠が可能になります。
Q ピルを飲むと太りますか
ピルの服用している方が体重が増えるというデータはでませんでした。
Q ピルを飲むとがんになりますか
乳がんの治療中の方はピルの服用はできません。ただ、ピルを飲んでいる方が乳がんになりやすいかどうかははっきりしていません。わずかに上昇させるという報告もありますが、ピルを中止するとその影響はなくなると言われています。
子宮頸がんは増加する可能性があると言われています。子宮頸がんの原因はヒトパピローマウイルス感染です。ピルでは感染は防げません。これに対しては子宮頸がんワクチンで、別にしっかり対処した方が良いでしょう。
Q ピルを飲んでいる間に月経をずらしたいです。どうしたらいいですか
月経を早めたいとき:2週目(8-14日)を内服せずに15日目から飲み始めると1週間早めることができます。
月経を遅くしたいとき:21日目まで飲み終わったら、4週目(22-28日空薬)を内服せずに、2シート目の1日目から内服します。月経を遅らせたい日まで内服し、終わったら22日目に戻って内服します。
Q 月経移動のみでピルを処方してほしいのですが、できますか。
当院ではプラノバールによる月経移動の処方を行っています(自費)。
Q 緊急避妊(アフターピル)の処方はできますか
レボノルゲストレルの処方を行っています。安定した避妊のためにはピルOCの継続処方が安全ですので、その後のピル処方も行っています。ごくまれにですが、レボノルゲストレル服用後に妊娠してしまう方もいるため、緊急避妊薬の後、月経が来たことを確認して、ピルを内服してください。
Q 薬局ではなく、クリニックでピルをもらいたいのですが、できますか
当院では、以下のお薬を院内で処方しております。(2021/4月現在)
OC:マーベロン、トリキュラー、ファボワール、ラベルフィーユ
LEP:フリウェルULD、フリウェルLD、ヤーズ配合錠、ヤーズフレックス
中用量:プラノバール
緊急避妊:レボノルゲストレル

※ヤーズ配合錠は海外拠点での生産遅延により出荷調整のため在庫を切らしております。
Q 低用量ピルの値段を教えてください
ピル 価格
マーベロン28 *1 ¥2,750/1シート
トリキュラー28 *1 ¥2,750/1シート
ファボワール28 *1 ¥2,420/1シート
ラベルフィーユ28 *1 ¥2,420/1シート
フリウェルULD *2 約¥890/21日分
フリウェルLD *2 約¥890/21日分
ヤーズフレックス *2 約¥2,540/28日分
ヤーズ配合 *2 約¥2,120/28日分
月経移動 プラノバール *3 ¥3,300/1回
緊急避妊 レボノルゲストレル *3 ¥8,580/1回

*1初診料2200円、再診料990円がかかります。
*2 保険ピルLEPは薬代の他に診察料や検査代がかかります。
*3月経移動と緊急避妊は、別途初診料2200円がかかります。

マーベロン28 *1
価格
¥2,750/1シート
トリキュラー28 *1
価格
¥2,750/1シート
ファボワール28 *1
価格
¥2,420/1シート
ラベルフィーユ28 *1
価格
¥2,420/1シート
フリウェルULD *2
価格
約¥890/21日分
フリウェルLD *2
価格
約¥890/21日分
ヤーズフレックス *2
価格
約¥2,540/28日分
ヤーズ配合 *2
価格
約¥2,120/28日分
月経移動 プラノバール *3
価格
¥3,300/1回
緊急避妊 レボノルゲストレル *3
価格
¥8,580/1回
Q 保険のピルLEPを薬だけもらうことはできますか
保険ピル(LEP)は診察の上お出しするお薬です。お薬だけお渡しすることはできません。
Q 自費のピルOCを薬だけもらうことはできますか
自費ピル(OC)は、初回、1か月後、3か月後と安定してお出しできた場合は、ご希望でお薬のお渡しのみ行います。その際に、問診記入、血圧測定、スタッフから簡単なお話があります。もちろんご希望で医師の診察を受けることもできます。ただし、必ず1年ごとに定期検査を受けていただきます。
Q オンラインでピル処方はしてもらえますか
OC、LEPともにオンライン診療を行っております。ただし、当院でピルをお出しするのが初めての方、および1シート使用後受診の方は対面診察のみの対応とさせていただいております。
Q 海外からピルを取り寄せて飲んでいますが、同じものを出してもらえますか
当院では基本的に国内で承認されているピルのみ取り扱っております。輸入ピルは扱っておりません。国内ピルでよろしければお出しできます。
また、個人で輸入されたピルは高い確率で偽薬や空薬が混ざっていると報告されています。健康被害の報告もございますから利用しないことをお勧めします。
Q 他院で処方されているピルを臨時でほしいのですが、出してもらえますか
やむを得ず、臨時でピル処方が欲しい方は状況に応じて1回1シートまでお出しします。ただし、2回目の場合は、1年ごとの定期検査についてご相談させていただきます。

六本木ブレストレディースクリニック クリニック情報

ご予約の方優先となります。 初診の方は診察終了間際にはお受けできないことがございますので、30分ほどお早めにお越しください。

                                
診療時間
日/祝
9:00~13:0010:00~13:009:00~13:30
15:00~18:30
   

2021年5月から診療時間が変更になりました。
月:9時-13時/15時-18時半
火水木金:10時-13時/15時-18時半
土:9時-13時半
休診日:日曜・祝日

   

※診療担当医師は担当医表をご覧ください。

駅近アクセス良好な、麻布・六本木地区初の乳腺外科クリニックとして皆さまをお待ちしています。
来院に便利な場所で、できる限りお待たせせずに迅速な検査や対応を提供します。

アクセスページを見る

住所
東京都港区六本木6-7-10 簗場ビルB1F
最寄り駅からのルート
「六本木駅」3番出口から徒歩1分 六本木交差点から芋洗坂を少し下ったところにあります。 郵便局が目印です。1階の専用階段からお入りください。 奥にエレベーターもございます。

医療機関・健診機関様、企業検診ご担当者様、メディア関係者様、アポイント希望のメーカー様へ
          乳がん検診、婦人科検診、レディース健診を職場検診にお考えの企業様や、委託をお考えの検診施設様、医療関係者やメディア関係者、アポイント希望のメーカー様などのお問い合わせを こちら から承っております。順次折り返しご返信を差し上げます。患者様からの診療相談などにはお答えできませんのでご了承ください。