乳腺の精密検査について


乳がん検診で要精密検査の場合、どのようにするのか大まかな流れをご説明します。

検診で行った検査内容の確認

乳がん検診は大きくマンモグラフィと乳腺超音波(エコー)の2つの方法があります。(視触診のみの検診は現在ほぼ効果がないと言われていますが、行われているところもあります。)検診でどの検査を行い、どういう結果だったか確認することが重要ですので、精密検査の際は、検診結果を必ずお持ちください。

画像検査

所見を確認したうえで、マンモグラフィ、乳腺エコーの両方またはどちらかを再検査します。検診とは違い、どこに異常があるのか、どのように写るのか、広がりや硬さなど、専門的な目で判断をします。その結果、良性で追加検査必要なしと診断することもあります。乳腺には実は良性の変化がたくさんあります。(乳腺の良性の変化について)主に女性ホルモンや授乳の影響やででき、基本的に治療は必要ありません。ですが、検診の場で判断するのが難しい良性変化は精密検査となることも多いのです。要精密検査の方のうち、実際に乳がんの方は約30人に1人前後と言われています。(乳がん検診について)

画像の所見で悪性が否定できない場合、針を刺して細胞や組織を調べる検査を行います。

細胞診・生検の検査

これには大きく3通りあります。

  1. 穿刺吸引細胞診 2.針生検 3.画像ガイド下吸引式組織生検術

いずれもエコーなどの画像で病変を確認しながら行います。どれか選べるというわけではなく、画像から最も適した方法を専門的に判断し行うことになります。当院ではエコー下で行える場合は、できる限り当日のうちに検査を行うように心掛けております。

1.穿刺吸引細胞診

採血で用いるような針を刺して、中の液体や細胞を吸引するものです。おもにのう胞や液体成分の多い腫瘤などに用いられます。採取される量が少ないので、診断が難しい場合や偽陰性といって診断が異なってしまうこともまれにあります。細い針で簡単にすぐできるという利点があります。

2.針生検

細い針で注射して局所麻酔をした後に、3mmほど切開してばね式の専用の針(生検針)を刺して組織を採取するものです。

おもに腫瘤(しこり)の診断に用います。3,4回繰り返し組織を採取することが多いです。ほぼ確定診断がつきます。出血するリスクがわずかですがあります。出血防止のため、ガーゼで強めに固定し、検査当日は激しい運動や入浴、飲酒などを控えていただくこともあります。(ケースにより異なります)。

採取したものはホルマリン固定の上、染色して診断します。さらに追加で免疫染色というものを行い調べることもあります。

3.吸引式組織生検術

充電式の器械で乳腺組織を切除してくるものです。おもに石灰化病変や不明瞭なしこりなどの診断に用いられます。エコーの他にマンモグラフィで行われるものもありマンモトームと呼ばれることが多いです。(MRIで行われる場合もあります)。

やはり細い針で局所麻酔をしてから行いますので、痛みは最初のみでほとんどありません。針生検より採取される組織量が多いので、診断が確定されやすいです。ややコストがかかります。出血リスクは針生検よりやや高いですが、ほぼ同様に処置を行います。

乳房MRIやさらなる検査について

また、乳房石灰化病変や悪性が強く疑われる場合は、先に乳房MRIを撮影することもあります。これは乳腺の悪性の病気は血流が豊富なことを利用して、病気の位置や広がり、性質を判断しようというものです。

これら検査の結果、悪性と診断がついた場合は、さらに詳しく検査を行い、治療方針を決定することになります。(乳がんについて)

良性の場合も、病変によっては半年~1年毎の経過観察を行い、変化してこないかどうか数年様子を見ることもあります。