• 03-6721-1361
  • 「六本木駅」3番出口から徒歩1分
  • ご予約はこちら
  • 六本木駅から1分
    女性専門医が対応 乳腺外科・婦人科・
    女性内科・外科 ドック・検診

婦人科

婦人科診察

保険診療と自費診療があります。診療はご相談しながら行います。保険証をお持ちください。
できれば月経を避けてご予約をお願いいたします。

婦人科の症状のある方

すべて女性スタッフ・女性医師が対応します。
婦人科の症状は生理的変化もあり個人差も大きく、わかりづらくて他の方にご相談しにくいこともあると思います。まずはお話を伺った上で総合的に判断し、必要な検査を行いますので、お気軽にご相談ください。

→婦人科の症状と病気について

主な症状

  • 月経に関連した異常
    月経不順、無月経、月経痛、月経過多、月経前の症状、不正出血など
  • 下腹部、会陰部に症状がある方
    かゆみ、痛み、発疹、おりもの異常、悪臭、性交時痛、排尿時痛、頻尿など
  • 更年期様症状
    ホットフラッシュ、めまい、頭痛、吐き気、不眠、動悸など

→更年期障害について

子宮がん検診で要精査の方

  • 他院および当院で受診された子宮がん検診で異常を指摘された方の精密検査を行います。
  • 検診結果を踏まえて、当日内診、細胞診、経腟(経腹)エコー、採血などを行います。
  • 当院ではコルポスコピー検査が可能です。観察に加えて、生検(一部組織を採取すること)を行うこともございます(当日または後日)。
  • 必要と判断した場合、連携病院にご紹介し骨盤MRI撮影や治療などを行います。
  • 精密検査の結果、ベセスダ・システムという分類法の方針に従い、経過観察を行うこともあります。

→ベセスダ・システムについて

良性腫瘍の治療、経過観察

  • 子宮筋腫、卵巣嚢腫、卵巣腫瘍などの検査・治療・経過観察を行います。症状がない場合でも閉経前の方は増大していくことが多いため定期的な受診をお勧めします。
  • さらに専門的な治療が必要な場合は速やかに連携病院にご紹介いたします。

ピル 月経調整(自費)

  • ピルにて月経をコントロールすることができます。避妊や計画的な月経サイクルを行うことができます。月経困難などの症状がおありの方は保険診療になりますのでご相談ください。
  • ピルの副作用として最初に出やすい吐き気、頭痛などがあり、初回は1か月分からの処方とさせていただいております。そのうち徐々に慣れてくることが多いです。問題がないようであれば3か月分までお出しいたします。
  • きちんと副作用対策をしながら服用すると子宮内膜症の予防などメリットの多いお薬ですので、当院では開始当初と1年毎に定期検診(頚がん検診、経腟(経腹)エコー、採血)を受けていただいております。
  • 発生は稀ですが重大な副作用として血栓形成があるため、副作用リスクが高くピル処方に適さない方にはお出しできない場合もあります。

→ピルについて

ピル 月経移動(自費)

  • 旅行や大事なご予定などに月経が重ならないよう、ピルにて一時的に移動させたりすることができます。
  • 日付には余裕をもってお越しください(特に前にずらしたい方)。
  • 処方前にご説明し、副作用リスクが高くピル処方に適さない方にはお出しできない場合もあります。

避妊:ミレーナ®

  • 子宮内に装着し黄体ホルモンをゆっくり放出(徐放)するシステムです。最大5年間の装着が可能です。
  • 過多月経・月経困難の方には保険適応がございますが、避妊目的の方には自費になります。
  • 初診時に検診を受けていただき、結果に異常がなければ次回診察時に装着可能です。
  • 装着中も定期検診(細胞診、経腟エコーなど)を3か月目、12か月目、以後1年毎にお受けいただきます(一般的には1,3 ,12か月ごとに行います)。希望時には抜去もできます。

緊急避妊(アフターピル)

  • 性交後避妊を希望される方にお出しする飲み薬です。当院では国内ジェネリック(レボノルゲストレル)を採用しております。
  • 性行為後72時間以内の服用で妊娠阻止率85%と言われています。
  • ご希望の方は、まずお電話いただき、できるだけ早くご来院ください。

→価格表はこちら

検診

自費になりますが、保険証はお持ちください。所見があった場合は保険診療に切り替わることがございます。
できれば月経中は避けてご予約をお願いいたします。

子宮がん検診

子宮頚がん細胞診、子宮卵巣エコー、内診を基本として、オプションで頚がんの原因と言われるヒトパピローマウイルス(HPV)検査、子宮体がん細胞診などがお受けできます。

→子宮がん検診の検査内容についてはこちら

→乳がん検診や全身ドックもあわせてご希望の方はこちら

コース 検査内容 説明
A 子宮頚がん検診、子宮卵巣エコー、内診 子宮入口の頚部の細胞を採取し検査します。また子宮奥の体部や卵巣もエコーでチェックします。(推奨)
B 子宮頚がん検診、内診 子宮入口の頚部の細胞を採取し検査します。
C 限定 子宮頚がん検診、子宮卵巣エコー、内診 当院でホルモン治療中の方などが対象です(直接お問い合わせください)

→価格表はこちら

  • 子宮頸がんの他、子宮筋腫、内膜症、子宮体部の腫瘍、卵巣嚢腫や腫瘍などもチェックできる、子宮卵巣エコーを合わせて行う事をお勧めします。
  • できるかぎり月経中は避けてご予約をお願いいたします。
  • 細胞診の結果は2週間後になります。エコーの結果は見ながらご説明できます。
  • 検査は全て女性医師が行います。
  • 精密検査が必要と判断した場合は、速やかに対応します。(保険診療になります)

子宮がん検診のオプション

オプション名 説明
a HPVハイリスク定性 子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)感染の有無を検査します。(頸がん細胞診と同時のみ)
b 子宮体がん検診 子宮内部の内膜の細胞を採取し検査します。(頸がん細胞診と同時のみ)
c 女性ホルモン採血 女性ホルモンのLH、FSH、E2、プロラクチンを測定します。(月経中推奨)
d CA125採血 子宮内膜症や卵巣腫瘍の目安となる検査です。(月経中以外推奨)
e AMH(抗ミュラー管ホルモン)検査 卵巣予備能を知る指標となる血液検査です。
f 甲状腺ホルモン採血 TSH、freeT3、freeT4を検査し甲状腺の機能異常を調べます。

性感染症(STD)検診、ウイルス抗体検査

  • 性器感染と言われるものには細菌、ウイルス、真菌などがあり、症状がなく感染に気が付かないものも多いです。不妊症の原因になったり、母子感染や産道感染を起こしたりすることもあります。
  • 結果は1-2週間でご説明します。
コース 検査内容 説明
A STD-A検査(おりもの) 膣から粘液を採取し、クラミジア、淋菌、トリコモナス、カンジダ、一般細菌の感染の有無を調べます。
B STD-B検査(血液) 採血し、HIV、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、梅毒の感染の有無を調べます。
C ウイルス抗体検査 採血で、麻疹・風疹、水痘、おたふくのウイルスの抗体価を測定します。(麻疹のみ、風疹のみもお受けします)

→価格表はこちら

→乳がん検診や全身ドックもあわせてご希望の方はこちら

ワクチン

自費になりますが、保険証はお持ちください。

HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチン

  • 子宮頚がんの原因と言われているウイルスのワクチンです。推奨年齢は10~40歳ですが、40歳以上の方もご相談をお受けします。
  • 当院ではガーダシル(4価ワクチン)の接種ができます。(予約制です)
  • 初回接種前に十分なカウンセリングを行った上でお受けいただきます。
  • 初回、2か月後、6か月後(3回)受けることを推奨しますが、初回接種のみ(1回)も対応いたします。
  • 12~16歳の女性は港区の助成を受けられる場合がございます。詳しくは港区にお問い合わせください。

風疹、麻疹、おたふく、水痘ワクチン

準備中

→価格表はこちら

診療科目
乳腺外科・婦人科・女性内科・外科
TEL
03-6721-1361
住所
東京都港区六本木6-7-10 簗場ビルB1F
アクセス
東京メトロ日比谷線/都営大江戸線
「六本木駅」3番出口より徒歩1分
≫ 詳しいアクセスはこちら
  • クリニック予約はこちら
  • レディースドック・検診 | 空き状況確認・Web予約はこちら
診療時間 予約制

最終受付は、診察終了の30分前までになります。

休診日:金曜・日曜・祝日
土曜日のみ14時まで診察になります。
(乳腺科)
(内科・外科)
日祝
10:00~13:30
15:00~19:00
:婦人科診察(症状診察、検診精査、検診、ピルなど)
:女性内科(健診、ピル処方、更年期相談など)
土曜日のみ14時まで診察になります。
(婦人科)
(女性内科)
日祝
10:00~13:30
15:00~19:00

当院は労災保険の取り扱いは行っておりません。
当院では全てクレジットカードによるお支払いが可能です。
VISA, MasterCard, JCB, American Express, Diners Club

大きい地図はこちら
Page
Top